RX-8復活への道 プロローグ


こんにちは木原モータースです
入手しましたRX-8の経緯を少しだけ説明したいと思います
去年ある時期にロードサービスにて姫路市内の自動車屋様にレッカー搬送したことがありまして
その時に見つけたのがこちらのRX-8
ナンバープレートがないので販売用の在庫車なのだろうと思い少し社長と会話
とても気さくな方で忙しいところ対応していただきました
前期型と18インチアルミホイールでtypeS・6MTはすぐ分かりました


マツダスピードのリアスポイラーもすぐに分かりました
気付いた自分がなかなかの変態さんと再認識(汗
金額表示がなかったのでどれぐらいになるか聞こうと思いましたが

”距離そんないってないのに圧縮がない”

というお返事でどうやら在庫車ではなさそうです
確かに後期型ではオイルポンプを数を増やすなど対策をされましたが
前期型の圧縮抜けは多かったように思えます
RX-8に限らずにロータリー車は圧縮が命です
中古車店舗に掲載されている車両で圧縮測定値を公開するのも
ロータリーばかりですし測定値で購入の決め手となることも多いです

販売車両ではなさそうなので後ろ髪を引かれながらその場を後にしました

それから時間が経過して先月のお話
ふとRX-8のことを思い出しましてどうなったのか気になったので再訪問しました
解体や部品取りをしていてもおかしくはないですが普通置いてあってちょっとびっくりです
あらためて社長とお話をしまして購入する意思があることをお伝えしました
詳細は載せられませんが後日返事をいただき譲っていただけることになりました

支払いと引取りを済ませて今に至ります
エンジニアと話をしていますが整備完了には12月予定ということで長期間になりそうです

以上プロローグでした

前の記事

A Sports car like no other 

次の記事

RX-8復活への道 ①